トップページへ ロゴ小
マイマシナリーオーストラリア
  マイマシナリーオーストラリア 山本社長の豪州日誌 日豪国際交流野球







山本がオーストラリアで活躍している?!
日本人である彼が単身で渡豪し、そしてロケまで展開している?
普通のオペレーターなら、そんな話はありえないだろう。
だけど山本なら持ち前の気合いと根性でこなしてしまうかもしれない。
そんな風に思わせてしまうような型破りな人間、それが山本健司です。

こよなくアントニオ猪木を敬愛し、オーストラリアにいながら日本の将来を憂う。
日本にいた頃と変わりなく、いやそれ以上にエネルギッシュでアクティブです。

こちらのページでは山本健司がオーストラリアと出会い、
オーストラリアで仕事をしていくようになったそのいきさつを本人が記録したページです。
みなさまに楽しんでいただければ幸いです。
なお、 バックナンバーはこのページの一番下にあります。




第39回 REMEMBER Shalala


今日、マイマシナリーオーストラリア第 1 号直営店の
アイランダー ホテルで作業していて、
ふと、昔を想い出した。 初めてそんな想いを感じた。

来豪間もなく、右も左もわからない状態で、 日本とはまったく違う文化に足を踏み入れ、
失敗することなど全く考えもせず、勢いだけで移住してきて、
マイマシナリーオーストラリアを立ち上げ、
初めてオープンさせた店がアイランダーホテルだった。

当時、 オープンのため日本から届いた機械を整備して一日でも早く
オープ ンさせなければいけない状況だった。

そのため、丸 3 日間、食事無し、休憩なし、不眠で、 必死で店を立ち上げた。

丸 3 日の食事の代わりがホテルにある自動販売機の缶コーラだけで
無我夢中で作業に没頭した。

食べること、休憩すること、寝ることは頭の中にはまったく無く、
ただ機械を仕上げることだけしか頭になかった。

疲れは全く感じなかった。

1 日寝ないことは多々あるが、丸三日無我で働いたことは、 この時だけ。

その時は、時間の流れを感じず、気が付いたときは、
時間が過ぎていたのに驚いた感じだった。

自分のやるべきことを達成しオープンした時は、
その達成感と一機械入魂で仕上げた機械で、
多くのお客様が訪れ、 楽しそうに遊んでいる姿を見て

本当に嬉しかった。

オーストラリアで成功したいという欲が強かったことが、 原動力になったと思う。

それから 17 年、本当に時が経つのは早い。

インターネットカフェ立ち上げや、 お土産店立ち上げも経験したが、
それとはまったく気合の入れ方が違った。

アイランダーホテルの恩人トムテイト氏は、 今はゴールドコースト市長となって大活躍している。

先月、 サーファーズパラダイスの街を横断する路面電車が開通した。

街の雰囲気が大きく変わった。

今度の夏休みには、 例年以上の観光客が訪れることと期待している。

マイマシナリーオーストラリアは、 以前のような右上がりの快進撃はなく、

長年保守契約で助け合ってきたパークスカイ社と決別( 身売り引退のため)して早 3 年、

状況にあまり変化はなく、 黙々とやるべきことを精いっぱいやるだけの毎日になった。

そんな時間に余裕ができたことで、
昨年より、知人の勧めもあり、 ブリスベン野球リーグのカリーナレッドソックスで
1 シーズンプレーをさせていただいた。

久しぶりの野球で、とても張り切ってしまって、 身体がボロボロになってしまった。

頭に身体がついていけず、初めて歳を感じ、 次のシーズンはプレーを辞退となってしまった。

このまま歳をとっていくのだろうか、 初めて弱気になった自分を感じた。

そして毎年ゴールドコースト恒例のゴールドコーストエアポートマ ラソンに
初めてエントリーし楽しみにしていたのだけれど野球でボロボロになった身体で
ドクターストップがかかり、 マラソンを断念せざるを得なかった。

来年こそは出場して完走を目指したい気持ちでいっぱいですが。。 。。

日本の親友の強い勧めもあって、 野球は断念してゴルフをやろうと思う。



ゴールドコーストはゴルフのメッカなので、やりがいはある。

Wii GOLF では結構いいスコアなんです笑


TOPページへ

バックナンバー

第1回 オーストラリアとの出会い 2002.11.28
第2回 帰らなければいいじゃん 2002.11.30
第3回 遙かなる大地へ 2002.12.4
第4回 運命の出会い 2002.12.10
第5回 美しき挑戦 2002.12.12
第6回 番外編 オーストラリア英語こぼれ話 2002.12.12
第7回 旅立ち 2002.12.16
第8回 Goin' Crazy 2002.12.22
第9回 気持ちE 2002.12.25
第10回 業務連絡 2002.12.29
第11回 初めてのコンテナ 2003.1.2
第12回 経済的な違い 2003.1.10
第13回 掟破り 2003.01.16
第14回 真夏のカウントダウン 2003.01.30
第15回 運命の分かれ目 2003.02.04
第16回 結婚式 2003.02.09
第17回 日豪草野球交流 2003.06.24
第18回 オリジナルナンバープレート 2003.06.30
第19回 忘れてませんか? 2003.07.27
第20回 発展するゴールドコースト 2003.09.20
第21回 Return to Oz 2003.11.16
第22回 人事異動 2004.08.01
第23回 マイマシナリーオーストラリア新社屋 2005.06.30
第24回 ゴールドコーストに世界一高いビルが完成 2005.09.22
第25回 ゴールドコーストシェラトンマリーナリゾート 2006.01.10
第26回 丸8年 2006.05.04
第27回 マイカーの話 2006.10.01
第28回 当社インターネットカフェオープン! 2006.12.01
第29回 リゾートでの人気ゲーム 2007.01.22
第30回 ケアンズ 2007.05.22
第31回 マイマシナリーオーストラリア設立10周年 08.09.08
第32回 ゴールドコーストの12年 09.11.25
第33回 ふたりのサムライ 2010.06.22
第34回 ブリスベン大洪水とその後 2011.04.21
第35回 昨年の夏のリベンジ 2011.11.23
第36回 新たな試み 2012.01.03
第37回 THE HUB at WATERMARK HOTEL 2012.06.06
第38回 THE HUB オーストラリア製UGGブーツ
第39回 REMEMBER Shalala

 
 
 
 
 
Copyright  (C)  2007 MY MACHINERY CO.,LTD. All rights reserved.