トップページへ ロゴ小
マイマシナリーオーストラリア
  マイマシナリーオーストラリア 山本社長の豪州日誌 日豪国際交流野球




第4回 運命の出会い


5月のブリスベンは、ちょうど日本と同じ位の気候だ。
夏に来た時とは、様子が違ってた。
青い空、おいしい空気を味わう余裕がまるで無かった。

前回と同じく、コンラッドジュピターズカジノホテル最上階に泊まった。
寺田さんと一緒なので、2部屋は都合が良かった。
”俺も国際派ビジネスマンなんだ”とうぬぼれもあった。

ゴールドコーストに着いた日から、寺田さんと精力的に廻った。
不動産、会社設立の為のエージェント(会計士)との打ち合わせ、
学校探し、寺田さんのつてで、現地のたくさんの人を紹介された。
勿論全部オーストラリア人である。
打ち合わせ中、私は寺田さんの陰に隠れて、”うなずき名人”になった。
漫才か!
”国際派ビジネスマン”のうぬぼれは、一瞬にして吹き飛んでった。
現場はアメリカ映画を字幕なしで見るのと一緒だ。
しかもその映画の中にいる自分は何なんだ?!
英語で話す寺田さん、かっこいいなんて思いながら、
うなずく毎日だった。うなずき過ぎたせいか、とても肩がこった。

ある日、コンラッドジュピターズカジノホテルの総支配人から、
ゲーム会社のオーナーである人を紹介された。

パークスカイ社のバリー ヌバウアー氏である。

彼はこのホテルでゲームセンターを
経営しているので紹介されたのだ。
一応VIPで宿泊してたのが、功を奏した。
コンラッドの総支配人が紹介してくれた事でバリーが
何処の馬の骨か知らない日本人の私を相手にしてくれたのだと思う。

これが、運命の出会いだった。

現在、バリーとは、持ちつ持たれつして、協力しあっている。
会社は合併して、書類上はマイマシナリーオーストラリアの社員として働いてもらっている。

バリーは、当時40歳で、顔がトムクルーズにそっくり!
本人も”俺はトムの兄のバリークルーズだ”と言っている!!
典型的な陽気なオージー(オーストラリア人の事)である。

バリーの話は、あらためて後に書く事にしよう。
面白いエピソードが山ほどある。

念願のマイマシナリーオーストラリア設立、事務所も決定、会計士、銀行口座開設、
ビザコンサルタントとつめの打ち合わせ、などなど。
バリー(パークスカイ社)やクイーンズランド最大のショッピングセンター
”ロビーナショッピングセンター”の支配人などと取引について、ある程度のめどを付けた。

この1週間は、秒単位で、動いた。
そして、予定していた全ての事項をクリアした。

国際電話で、取締役の池田は、”良く一週間で、ここまで出来ましたね”とびっくりしていた。
”当たり前だよ、俺は国際派ビジネスマンなんだから”
胸を張る。
本当は、うなずくだけなら、誰でも出来るのである。
全て寺田さんの”腕”だった。

でも、でも、これからは寺田さんはいない。
線路は引いてくれたけど、走るのは自分自身だ。

これからは、うなずきじゃなく、突っ込みだ。
しかも1人漫才。
一人ステージに立つことになる。

幕がいきなり開いた。

つづく

 

TOPページへ

バックナンバー

第1回 オーストラリアとの出会い 2002.11.28
第2回 帰らなければいいじゃん 2002.11.30
第3回 遙かなる大地へ 2002.12.4
第4回 運命の出会い 2002.12.10
第5回 美しき挑戦 2002.12.12
第6回 番外編 オーストラリア英語こぼれ話 2002.12.12
第7回 旅立ち 2002.12.16
第8回 Goin' Crazy 2002.12.22
第9回 気持ち 2002.12.25
第10回 業務連絡 2002.12.29
第11回 初めてのコンテナ 2003.1.2
第12回 経済的な違い 2003.1.10
第13回 掟破り 2003.01.16
第14回 真夏のカウントダウン 2003.01.30
第15回 運命の分かれ目 2003.02.04
第16回 結婚式 2003.02.09
第17回 日豪草野球交流 2003.06.24
第18回 オリジナルナンバープレート 2003.06.30
第19回 忘れてませんか? 2003.07.27
第20回 発展するゴールドコースト 2003.09.20
第21回 Return to Oz 2003.11.16
第22回 人事異動 2004.08.01
第23回 マイマシナリーオーストラリア新社屋 2005.06.30
第24回 ゴールドコーストに世界一高いビルが完成 2005.09.22
第25回 ゴールドコーストシェラトンマリーナリゾート 2006.01.10
第26回 丸8年 2006.05.04
第27回 マイカーの話 2006.10.01
第28回 当社インターネットカフェオープン! 2006.12.01
第29回 リゾートでの人気ゲーム 2007.01.22
第30回 ケアンズ 2007.05.22
第31回 マイマシナリーオーストラリア設立10周年 08.09.08
第32回 ゴールドコーストの12年 09.11.25
第33回 ふたりのサムライ 10.06.22
第34回 ブリスベン大洪水とその後 2011.04.21
第35回 昨年の夏のリベンジ 2011.11.23
第36回 新たな試み 2012.01.03
第37回 THE HUB at WATERMARK HOTEL 2012.06.06
第38回 THE HUB オーストラリア製UGGブーツ
第39回 REMEMBER Shalala

 
 
 
 
 
Copyright  (C)  2007 MY MACHINERY CO.,LTD. All rights reserved.