トップページへ ロゴ小
マイマシナリーオーストラリア
  マイマシナリーオーストラリア 山本社長の豪州日誌 日豪国際交流野球




第14回 真夏のカウントダウン


来豪して初めての行く年来る年を迎える事になった。
至る所で、カウントダウンと同時に花火が上がる。
新しい年を祝う車のクラクション、歌声や叫び声が、
祭り気分にさせる。
TVでもシドニーや、ブリスベンの主要都市の
花火や馬鹿騒ぎの中継ばかり。やたら派手だ。

去年まで、寒くて暗い年越しを何年も経験している私にとって
この暑い派手な年越しは、カルチャーショックであった。

私は日本の静粛な年越しの方が好きだ。
暗く雪が降る森の中のお寺でゴーンゴーンと重低音の鐘の音。
暗い。それが良いのである。
オーストラリアの人には理解できないだろうな〜。
あるいは不気味に映るかもしれない。
エキゾチックジャパン

初日の出。ぜ〜んぜん正月って気がしない。暑いし。
こっちではクリスマスが、日本の正月にあたると思う。
キリスト教の国なのだろう。12月25日は何から何まで休みになる。
でも正月は、スーパーもガソリンスタンドも普通にやっている。

そういえば、我々日本人移住者の駆け込み寺、日本領事館(大使館)。
日本領事館はブリスベンにある。
パスポート申請や選挙時の投票、困り事相談も聞いてくれたり、
日本の新聞や書籍など置いてあったり、
日本に行きたいオーストラリア人にビザの発行もやっている。
我々にとって、ありがたい所です。
ただ、ちょっとおかしな気もする。それは
日本の祭日は休みになる。
そしてなんとオーストラリアの祭日も休みになる事。
それに加え毎日昼休みもある。(昼は受付しない)
なんかいつも休みばっかり。
これって、日本の税金で運営しているのだろう。
まあいっか。

日本の学校で使っている教科書が無料で頂けます。
立派な教科書たくさんくれます。
流石日本政府、ありがとうございます、
日本の納税者様。

オーストラリアの小学校には教科書はありません。
本はあっても貸すだけで、年度が終われば返して、何年も使いまわします。
授業は基本的にノートと問題集だけ。
給食という制度もありません。弁当です。弁当といっても
殆どサンドイッチ。忘れた子には
校内の店で、パンやお菓子、アイス、ドーナツ、コーラなどが買えます。
食事は、教室内では禁止で、校庭で適当に食べます。
公立私立一緒です。
日本とはまったく違います。
違う点でオーストラリアはいいなと思う点は
どの学校でも、オーストラリアの国旗が掲揚されていることです。
当たり前ではありますが、
さて日本の学校で国旗があるところは、まず見ないでしょう。
へんなの。


ロンドンから生まれたロックバンド”ジャパン”(セカンドアルバム "苦悩の旋律”1978)
日本をバンド名に使い世界で大ヒット。
なかなか味のあるアルバムである。

TOPページへ

バックナンバー

第1回 オーストラリアとの出会い 2002.11.28
第2回 帰らなければいいじゃん 2002.11.30
第3回 遙かなる大地へ 2002.12.4
第4回 運命の出会い 2002.12.10
第5回 美しき挑戦 2002.12.12
第6回 番外編 オーストラリア英語こぼれ話 2002.12.12
第7回 旅立ち 2002.12.16
第8回 Goin' Crazy 2002.12.22
第9回 気持ちE 2002.12.25
第10回 業務連絡 2002.12.29
第11回 初めてのコンテナ 2003.1.2
第12回 経済的な違い 2003.1.10
第13回 掟破り 2003.01.16
第14回 真夏のカウントダウン 2003.01.30
第15回 運命の分かれ目 2003.02.04
第16回 結婚式 2003.02.09
第17回 日豪草野球交流 2003.06.24
第18回 オリジナルナンバープレート 2003.06.30
第19回 忘れてませんか? 2003.07.27
第20回 発展するゴールドコースト 2003.09.20
第21回 Return to Oz 2003.11.16
第22回 人事異動 2004.08.01
第23回 マイマシナリーオーストラリア新社屋 2005.06.30
第24回 ゴールドコーストに世界一高いビルが完成 2005.09.22
第25回 ゴールドコーストシェラトンマリーナリゾート 2006.01.10
第26回 丸8年 2006.05.04
第27回 マイカーの話 2006.10.01
第28回 当社インターネットカフェオープン! 2006.12.01
第29回 リゾートでの人気ゲーム 2007.01.22
第30回 ケアンズ 2007.05.22
第31回 マイマシナリーオーストラリア設立10周年 08.09.08
第32回 ゴールドコーストの12年 09.11.25
第33回 ふたりのサムライ 10.06.22
第34回 ブリスベン大洪水とその後 2011.04.21
第35回 昨年の夏のリベンジ 2011.11.23
第36回 新たな試み 2012.01.03
第37回 THE HUB at WATERMARK HOTEL 2012.06.06
第38回 THE HUB オーストラリア製UGGブーツ
第39回 REMEMBER Shalala

 
 
 
 
 
Copyright  (C)  2007 MY MACHINERY CO.,LTD. All rights reserved.