トップページへ ロゴ小
マイマシナリーオーストラリア
  マイマシナリーオーストラリア 山本社長の豪州日誌 日豪国際交流野球




第17回 日豪草野球交流




マイマシナリーオーストラリア設立、順調な立ち上げ、日本の業績拡大、
池田の結婚と全てが順調であった。
苦労が、苦労でなく、前しか見えない、
いや、後ろを振り返る余裕が無かったと言ったほうがいいかもしれない。
コンテナを4本、5本と送るうち、あっという間に、ゴールドコースト中に機械を設置していった。
ちょっと余裕ができた頃、仕事以外に何かやりたいと思うようになった。

ゴールドコーストは世界的なゴルフのメッカである。
街から10分走れば、数十のゴルフコースがあり、
プレーフィーも、100ドル(8000円)と格安で気軽にできる。
それから、サーフィン。
数千キロに及ぶ金の浜でいつでもどこでもサーフィン、ウオータースポーツができる。
もちろん、釣りは、釣りキチ三平が飛び上がって喜ぶほどのメッカである。
内陸にちょっと走れば、山登りやハイキング。
アウトドアファンはたまらないだろう。

こんなに恵まれているにもかかわらず、私はまったく興味が無い。
なんてもったいないことか。。。みんなに言われる。
子供の頃から、好きだった野球は、この国には無いんだろうと初めから、頭から無かった。
テレビでは、プロのクリケット、ラグビー、サッカーだけで、
ベースボールは見当たらなかった。

ある日、ある日本人の方と知り合った。
彼は、ここで、野球のクラブチームに入ってプレーしているという話を聞いた。
これしかない!ロビーナブレーブス。即答で、入団希望した!
ゴールドコーストには、街ごとに、地元野球クラブチームがあり、
各チーム野球場を持ち、クラブチームの中では、少年、A,B,C,Dグレード、女子と、
レベルごとにチームを有している。
夏、冬と2シーズン制で、リーグ戦を行っている。
野球がこんなに人気があるって知らなかった!

各チームの球場では、平日夕方練習している。
なんて恵まれた環境なんだろう!
私が日本で野球をやっている時は、球場を借りることが、一苦労.。
練習なんて、やったことが無いようなものだった。
子供の頃”がんばれベアーズ”の映画を観て、アメリカの野球環境にあこがれていた。
ここは、まさにそのものだった。

入団後、初めて試合に出場した時、
ライトを守った。嬉しくて嬉しくて、夢のようだった。
だって、ほとんど、大リーガー?!の様な外国人の中でのプレーだから。
なんで、自分がここにいて、外国人と野球やっているんだろうって、
本当に不思議だった。
打席に立った時、投手は外国人。
緊張しっぱなしだった。

最近では、イチローやゴジラ松井など、たくさんの日本人が、アメリカで活躍してる。
今でも自分はその中の一人の様な気持ちでいる。

チームに慣れてきた頃、2001年、日本の池田率いる
草野球チーム”ゲリラーズ”をオーストラリアに連れて来て、
日豪親善野球試合させたらいいな。とふと考えた。
考えたら実行しないと気が済まない性格で、いつも、池田を困らせる。
ゲリラーズの選手達も賛成し、第一回日豪草野球試合を開催する事ができた。
大成功させ、試合もさることながら、試合後、球場横のクラブハウスで
バーベキュー交流パーテイーも楽しかった。



そして、第2回に続けることになる。


第2回は、”草野球の窓”との連携で、全国から選手を集め、
日本ではナイキ、ナガセケンコー、新星産業、アペックス他、
ゴールドコーストでは、OKギフト、みうら宝石、ゲーム4U、あさひ法律事務所などの協力のもと、
マイマシナリー、マイマシナリーオーストラリアの主権で、3試合が組まれ、大成功に終わった。
(HPの日豪草野球交流のページを参照下さい。)



何の取柄も無く、平凡な自分が、大会を成功させることができたのも、
野球に情熱のある両国選手達やそれを支えていただいた
会社や数多くの人達の力添えによるものです。
そして、この第二回日豪草野球3試合を裁いていただいた
クイーンズランド野球連盟審判 ボブブレイク氏が
70年以上野球に携わり、草野球の発展に尽くされ、
この試合を最後に亡くなられた事に、
心からの尊敬と共に御冥福をお祈り致します。


TOPページへ

バックナンバー

第1回 オーストラリアとの出会い 2002.11.28
第2回 帰らなければいいじゃん 2002.11.30
第3回 遙かなる大地へ 2002.12.4
第4回 運命の出会い 2002.12.10
第5回 美しき挑戦 2002.12.12
第6回 番外編 オーストラリア英語こぼれ話 2002.12.12
第7回 旅立ち 2002.12.16
第8回 Goin' Crazy 2002.12.22
第9回 気持ちE 2002.12.25
第10回 業務連絡 2002.12.29
第11回 初めてのコンテナ 2003.1.2
第12回 経済的な違い 2003.1.10
第13回 掟破り 2003.01.16
第14回 真夏のカウントダウン 2003.01.30
第15回 運命の分かれ目 2003.02.04
第16回 結婚式 2003.02.09
第17回 日豪草野球交流 2003.06.24
第18回 オリジナルナンバープレート 2003.06.30
第19回 忘れてませんか? 2003.07.27
第20回 発展するゴールドコースト 2003.09.20
第21回 Return to Oz 2003.11.16
第22回 人事異動 2004.08.01
第23回 マイマシナリーオーストラリア新社屋 2005.06.30
第24回 ゴールドコーストに世界一高いビルが完成 2005.09.22
第25回 ゴールドコーストシェラトンマリーナリゾート 2006.01.10
第26回 丸8年 2006.05.04
第27回 マイカーの話 2006.10.01
第28回 当社インターネットカフェオープン! 2006.12.01
第29回 リゾートでの人気ゲーム 2007.01.22
第30回 ケアンズ 2007.05.22
第31回 マイマシナリーオーストラリア設立10周年 08.09.08
第32回 ゴールドコーストの12年 09.11.25
第33回 ふたりのサムライ 10.06.22
第34回 ブリスベン大洪水とその後 2011.04.21
第35回 昨年の夏のリベンジ 2011.11.23
第36回 新たな試み 2012.01.03
第37回 THE HUB at WATERMARK HOTEL 2012.06.06
第38回 THE HUB オーストラリア製UGGブーツ
第39回 REMEMBER Shalala



 
 
 
 
 
Copyright  (C)  2007 MY MACHINERY CO.,LTD. All rights reserved.