トップページへ ロゴ小
マイマシナリーオーストラリア
  マイマシナリーオーストラリア 山本社長の豪州日誌 日豪国際交流野球








第31回  マイマシナリーオーストラリア設立10周年

2008年の6月は、とうとうマイマシナリーオーストラリア設立10周年となりました!
想えば、この10年は、いろいろな事があった。
早いといえば早いし、遅いといえば遅い10年だった。

この日誌の初めの頃を読み直すと
その時の心境が、つい最近のように蘇ってきて、
もう一度同じことをやれと言われたら、
一目散に逃げ出したくなる。。。。

来豪した頃は、右も左もまったくわからないで、
それに加えて、言葉もわからなければ、人の顔かたちがぜんぜん違うのだから
超刺激的でもあるし、
闘争本能に火が点いたという表現がまさに当たっている感じ。

その場その場で120%の精一杯やったので、
目標みたいなものを考える余裕も無かった。
今想えば、
今のこの状況を目指していたのだから
成功?といえば成功?かもしれない。

この成果は、勿論、私一人で成し遂げた事ではなく、
日本サイドの並々ならぬ努力と貢献があってこそであり
そして、日本の多くの取引先様の御支援や、御声援無しでは
到底成し遂げることは無かったと断言できます。

日本から何十本ものコンテナで、数多くのゲーム機械を、
リース先を見つける度に持ってきて
こちらのお客様に素晴らしい日本のゲームを喜ばれたり、
日本サイドで当時取締役だった池田や、現取締役の森貞、
そして尾郷さん、野元、加藤などといった超ド級のツワモノ達が
はるばる日本から、コンテナの到着と同時に手伝いに来てくれたり、
彼らの職人技は、オーストラリア人をも震えさせたものです。

勿論私も、外国で腕を振るう快感って、すごくあるんです。
たとえば機械に何か問題があると、
日本と違って、電話一本で
適正な部品を取り寄せることも出来ず、
壊れれば、宅急便で送って修理することも出来ないので
自分で自作しなきゃいけない場面があったり、今でもそうですが、
絶対にあきらめない気迫が無ければ、この仕事はできません。
日本にいる時以上に創意工夫する癖がついたのは、言うまでもありません。
それから、外国に来て初めて自分は日本人だと
思い知らされ、私の日ごろの行いは、オーストラリア人から見れば、
日本人全体の行いと映っているのだから、
いつも日本人として、襟を正していなければならないという
見えない大きなプレッシャーも感じている。
そういった苦労やプレッシャーを背負って
真のゲームのプロとしてプライドを掛けて、気合と根性でもって、
暴れまわった感じのこの10年だったかな。。。。
そんなこんなで、何とかなっちゃったっていうのが正直な感想です。

10年というひとつの区切りを迎えて
今後も気を抜くことなく、
気を引き締めて
一層業務拡大に努力していかなければならないと思うこの頃です。

TOPページへ

バックナンバー

第1回 オーストラリアとの出会い 2002.11.28
第2回 帰らなければいいじゃん 2002.11.30
第3回 遙かなる大地へ 2002.12.4
第4回 運命の出会い 2002.12.10
第5回 美しき挑戦 2002.12.12
第6回 番外編 オーストラリア英語こぼれ話 2002.12.12
第7回 旅立ち 2002.12.16
第8回 Goin' Crazy 2002.12.22
第9回 気持ちE 2002.12.25
第10回 業務連絡 2002.12.29
第11回 初めてのコンテナ 2003.1.2
第12回 経済的な違い 2003.1.10
第13回 掟破り 2003.01.16
第14回 真夏のカウントダウン 2003.01.30
第15回 運命の分かれ目 2003.02.04
第16回 結婚式 2003.02.09
第17回 日豪草野球交流 2003.06.24
第18回 オリジナルナンバープレート 2003.06.30
第19回 忘れてませんか? 2003.07.27
第20回 発展するゴールドコースト 2003.09.20
第21回 Return to Oz 2003.11.16
第22回 人事異動 2004.08.01
第23回 マイマシナリーオーストラリア新社屋 2005.06.30
第24回 ゴールドコーストに世界一高いビルが完成 2005.09.22
第25回 ゴールドコーストシェラトンマリーナリゾート 2006.01.10
第26回 丸8年 2006.05.04
第27回 マイカーの話 2006.10.01
第28回 当社インターネットカフェオープン! 2006.12.01
第29回 リゾートでの人気ゲーム 2007.01.22
第30回 ケアンズ 2007.05.22
第31回 マイマシナリーオーストラリア設立10周年 08.09.08
第32回 ゴールドコーストの12年 09.11.25
第33回 ふたりのサムライ 10.06.22
第34回 ブリスベン大洪水とその後 2011.04.21
第35回 昨年の夏のリベンジ 2011.11.23
第36回 新たな試み 2012.01.03
第37回 THE HUB at WATERMARK HOTEL 2012.06.06
第38回 THE HUB オーストラリア製UGGブーツ
第39回 REMEMBER Shalala

 
 
 
 
 
Copyright  (C)  2007 MY MACHINERY CO.,LTD. All rights reserved.